クレジットカードのセキュリティコード解説

クレジットカードプロ クレジットカードのセキュリティコード解説 クレジットカードのセキュリティコード クレジットカードのセキュリティコードとは、クレジットカードの裏面にある番号のうち、1番最後の3桁〜4桁の数字のことをいいます。ここではクレジットカードのセキュリティーコードについて詳しく解説します。 クレジットカード・セキュリティコードとは 冒頭でも説明した通り、クレジットカードのセキュリティコードとは、クレジットカードの裏面にある番号のうち、1番最後の3桁〜4桁の数字のことをいいます。オンラインでクレジットカードの決済を行う際にクレジットカード番号とは別に入力することで、不正使用のリスクを減らそうとするものです。 通常このセキュリティーコードは、オンライン上で決済する時に入力したり、店頭で決済を行ったりしたとしても、利用伝票や明細書に記載されることがない番号です。ですので、利用伝票や明細書を第三者が不正に入手されたとしても、セキュリティコードだけは入手することができません。つまり、実際にクレジットカードの裏面を見たことがある人でないと入力することができないので、不正利用対策を高めることができるのです。 クレジットカード・セキュリティコードの位置 クレジットカードのセキュリティーコードの記載されている位置は、国際ブランドによって若干異なります。セキュリティコードはクレジットカードのどこかに記載されているものなので、表面か、裏面かどちらかに記載されています。 国際ブランドがVisa、MasterCard、JCBのクレジットカード 国際ブランドがVisa、MasterCard(マスターカード)、JCBのクレジットカードは、セキュリティーコードがクレジットカードの裏面に記載されています。クレジットカードの裏面の署名欄に記載されている番号の羅列の、1番最後の区切りの3桁の番号がセキュリティコードです。 クレジットカードのセキュリティーコードには、表面のクレジットカード番号のように、発行者識別番号等が含まれていないので、番号だけでどの国際ブランドが発行しているクレジットカードなのかを確認することができません。Visa、MasterCard、JCBいずれもセキュリティーコードは3桁ですが、この数字3つだけではどのブランドかを断定することは不可能です。 これはマメ知識ですが、クレジットカードの国際ブランドによって、セキュリティコードの名称が若干違います。VisaのセキュリティーコードはCVV2(Card Verification Value)、MasterCardのセキュリティーコードはCVC2(Card Validation Code)と言われています。 国際ブランドがAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカード 国際ブランドがAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードは、セキュリティーコードがクレジットカードの表面、クレジットカード番号の右上に記載されています。セキュリティーコードの桁数は4桁です。 American Expressだけは、クレジットカードのセキュリティーコードが表面に記載されています。他の国際ブランドのクレジットカードは裏面まで見ないと刺激コードが載っていないので、裏面まで盗撮する必要がありますが、American Expressはクレジットカードの表面を第三者に盗撮されてしまうと、それだけで悪用されてしまう可能性があるので注意してください。 American ExpressのクレジットカードのセキュリティーコードはCID(Card Identification Number)と呼ばれています。 国際ブランドがDiners Club(ダイナースクラブ)のクレジットカード 国際ブランドがダイナースクラブのクレジットカードは、セキュリティコードがクレジットカードの裏面に記載されています。VisaやMasterCardと同じく3桁で、セキュリティコードが書かれている位置もほとんど同じです。 クレジットカード・セキュリティコードで注意すること 一見安全そうに見えるこのクレジットカードのセキュリティーコードですが、注意しなければならない点がいくつかあります。下記のような点に注意しましょう。 セキュリティーコードは他人に見られないようにしましょう。 クレジットカードのセキュリティーコードは、利用伝票や明細書に記載されることがないので、クレジットカード自体が他人に見られない限りは、セキュリティーコードは他人に知られることがありません。 オンラインで入力されたセキュリティーコードも、加盟店側がそのクレジットカードの有効性を確認できたら、セキュリティコードのデータを削除するように義務付けられています。仮に加盟店側がハッキングされてクレジットカードの情報が生まれたとしても、セキュリティーコードだけは残らないようになっています。 セキュリティーコードがあることによってクレジットカードの不正利用のリスクが軽減されていますが、逆に言えば他人このクレジットカードのセキュリティーコードを入手されてしまった場合は、オンライン上ではまるで本認可のようにクレジットカードを利用することができてしまいます。レジットカードのセキュリティーコードは他人に見られないように管理しましょう。 フィッシング詐欺に特に気をつけましょう。 クレジットカードをオンラインで利用する時は特にフィッシング詐欺に気をつけましょう。 上記で書いたとおり、セキュリティーコードは加盟店側にもデータが残らないように義務づけられているので、加盟店側がハッキングされてもセキュリティーコードは入手することができないようになっています。 フィッシング詐欺ではクレジットカード番号に加えてセキュリティーコードも入力を求められます。フィッシングサイトでセキュリティコードを入力してしまうと、クレジットカードの情報だけでなくセキュリティーコードまで第三者に渡ってしまうので、簡単に不正利用されてしまう可能性があります。オンライン上でクレジットカードを利用する時は特に注意しましょう。 クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは 学生のクレジットカードのお得なポイントの貯め方 学生のクレジットカードのお得なマイルの貯め方 卒業が近い学生におすすめのクレジットカード 学生が海外旅行や留学をする際のクレジットカード 学生におすすめの国際ブランドの選び方 会社別クレジットカード一覧 ANAカード MUFGカード イオンカード オリコカード JCBカード 楽天カード […]

クレジットカード番号の解説

クレジットカードプロ クレジットカード番号の解説 クレジットカード番号 クレジットカード番号とは、クレジットカードに記載されている様々な数字のことをいいます。 クレジットカードには、表面にも裏面にも様々な番号が記載されています。これらの番号はただの数字の羅列ではなくてちゃんとした情報が含まれています。いったいどのような情報があるのか詳しく見ていきましょう。 クレジットカード番号の桁数 クレジットカードの番号は全て同じ桁数で統一されているわけではなく、クレジットカードの国際ブランドによってその桁数は変わります。 クレジットカード番号が16桁 国際ブランドがVisa、JCB、MasterCard、UnionPay(銀聯カード)のクレジットカード番号は、桁数が16桁のクレジットカードです。16桁クレジットカード番号の場合は、4つの国際ブランドのうちどれか1つだというところまでは分かりますが、どの国際ブランドのクレジットカードなのかを識別するためには、さらにクレジットカード番号を詳しく見ていく必要があります。 クレジットカード番号が15桁 国際ブランドがアメリカン・エキスプレスのクレジットカード番号は、桁数が15桁のクレジットカードです。15桁のクレジットカード番号は、アメリカン・エキスプレスのみの発行なので、クレジットカード番号を見るだけでアメリカン・エキスプレスが発行していると確認できます。 クレジットカード番号が14桁 国際ブランドがダイナースクラブのクレジットカード番号は、桁数が14桁のクレジットカードです。14桁のクレジットカード番号はダイナースクラブのみの発行なので、クレジットカード番号を見るだけでダイナースクラブが発行していると確認できます。   クレジットカード番号の意味 クレジットカード番号は、ただの数字の羅列ではなく、数字それぞれに意味があります。クレジットカード番号は大きく分けると、発行者識別番号、会員口座番号、チェックデジットの3つから構成されています。 発行者識別番号(IIN) クレジットカードの最も先頭にあたる部分の6桁の数字は、発行者識別番号と呼ばれます。発行者識別番号によってそのクレジットカードがどこの国際ブランドのカードかを識別することができます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E7%95%AA%E5%8F%B7 クレジットカード番号の桁数で国際ブランドを識別することができましたが、同じ桁数の国際ブランドも存在したので、同じ桁数の国際ブランドが見分けることができません。発行者識別番号はより詳細にクレジットカードの発行会社側かるようになります。 また、6桁の数字のうち1番最初のクレジットカード番号は「主要産業識別子(MII)」と呼ばれるもので、そのクレジットカードの発行者がどのような産業に属しているかを識別することができます。 会員口座番号 発行者識別番号に続いて7桁目〜1番最後の1つ手前のクレジットカード番号が、簡易を識別するためにはいふられているクレジットカード固有の識別番号です。これを会員口座番号と呼びます。 クレジットカードの発行会社が、クレジットカード会員を識別するために割り振られているクレジットカード番号なので、別々の人が異なるクレジットカード会社からカードを発行した際、ここの数字は被る可能性も存在します。 チェックデジット クレジットカード番号の1番最後の人気ではチェックデジットと呼ばれます。チェックデジットはクレジットカード番号が正しいかどうかを確認するための数字です。 クレジットカード番号を確認するためにLuhnアルゴリズムを利用します。このアルゴリズムは、どこのクレジットカード番号が間違っているか、隣接する数字の順序の間違いなどを検出することができるアルゴリズムです。 ちなみにこのチェックデジットですがクレジットカード以外にも銀行の口座番号やバーコードなどにも確認のために利用されています。 クレジットカードの背面の番号 クレジットカードの表面だけでなくクレジットカードの背面にも番号が記載されています。これらの数字も、クレジットカードにとってとても大切な意味のある数字です。 クレジットカードの背面の番号は「セキュリティコード」、「クレジットカード番号」の2種類に分けることが出来ます。 背面のクレジットカード番号 クレジットカードの背面にも、表面と全く同じクレジットカード番号が記載されています。すべての桁数が記載されている場合と、省略されて1番最後の6〜4桁だけ表示されている場合があります。 表面と全く同じクレジットカード番号が背面にも記載されているのは、主に確認のために利用されます。 セキュリティーコード クレジットカードの背面には、セキュリティコードが記載されています。セキュリティーコードはクレジットカードの不正使用防止のために利用される特殊なコードです。 表面のクレジットカードに記載されている、1番最後の番号のチェックデジットに利用されているLuhnアルゴリズムとは別の計算方式によって、クレジットカード番号やデータが有効で、実際にクレジットカード会社によって発行されたものであることを証明する役割を果たします。 ただし、セキュリティコードはカードの磁気ストライプ情報がまるまるコピーされてしまうスキミングが行われてしまった場合、不正使用を防ぐことができないといわれています。クレジットカードを利用する際は、利用に充分注意しましょう。 クレジットカード番号の取り扱いについて インターネットでショッピングをする際には、クレジットカードを利用すると非常に便利です。 クレジットカード番号 有効期限 クレジットカード会員の名前 これら3つさえ分かってしまっていれば本人になりすましてそのクレジットカードを悪用することができてしまいます。そのためクレジットカード番号や有効期限をむやみに他人に教えたり、クレジットカード自体をなるべく人前にさらけ出さないようにしましょう。 最も危険なのは、クレジットカードの表面に書いてあるクレジットカード番号だけでなく、クレジットカードの背面のセキュリティコードまで第三者の手に移ってしまうと、より多くの場所で第三者がそのクレジットカードを利用することができてしまうので、裏面も特に注意しましょう。 クレジットカード番号が正しいかどうかの確認方法 クレジットカード番号が正しいかどうかの確認方法は、少し計算するだけで確認することができます。 クレジットカード番号の奇数目の桁数を2倍します。 2倍した際に番号が10を越えた場合はマイナス9します。 全てのクレジットカード番号を足します 合計の数字が10の倍数であればそのクレジットカード番号は正しい番号です。 上記に書かれているとおり最終的にはすべてのクレジットカード番号を足し算することでそのクレジットカード番号が正しいかどうかの判別を行っているので、発行者識別番号や会員講座番号が様々な数字の羅列であっても、チェックデジットを最後に上手く利用することで、帳尻を合わせています。 上記の手順と、発行者識別番号を利用すれば、有効であるかもしれないクレジットカード番号を自分で生成することも出来てしまいます。しかし、クレジットカード番号が正しくでも、有効期限やクレジットカード会員の名前まで連れて正しいものを入力しなければ、そのクレジットカードは利用することができません。不正に利用することは考えないようにしましょう。 クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは […]

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードプロ クレジットカードの申し込み方法 クレジットカードの申し込み方法 クレジットカードの申し込み方法は、個人の場合の申し込みと、法人の場合の申し込み方法があります。ここでは個人のクレジットカードの申し込み方法を紹介します。個人のクレジットカードの申し込み方法もオンラインと書面の2種類の申し込み方法があるので、ここではそれぞれを紹介していきます。尚、ここで紹介しているクレジットカードの申し込み方法はあくまでも代表的な一例ですので、詳細を知りたい方は各クレジットカード発行会社に連絡して伺うようにしましょう。 インターネットでのクレジットカードの申し込み手続きの流れ インターネットでのクレジットカードの申し込み方法は非常に簡単とされています。申し込みを行ってからのクレジットカード発行までの流れも非常に早いので、自宅にインターネット環境があるのであればインターネットでのクレジットカードの申し込みを推奨しています。本人確認書類等の必要書類の提出がスマートフォンでの撮影等で済ますことが出来るので、いちいち送る必要も無く、手軽に申請することが可能です。 インターネットで支払口座設定を行う場合の手順 インターネットで支払口座設定を行った場合、会員から郵送する書類等が不要のため、非常に素早くクレジットカードを発行することが可能になります。「最短3日でクレジットカードを発行」と謳っているカード会社もあるので、素早く入会したい場合はこちらの方法がおすすめです。 インターネットでクレジットカードの入会申し込みをします。 金融機関のサイトでお支払いの口座を設定します。 審査され、許可が下りればクレジットカードが発行されます 申込時に設定した住所にクレジットカードが郵送されます。 郵送で支払口座設定を行う場合の手順 郵送で支払口座の設定を行う場合、クレジットカード発行会社から必要書類を郵送するための封筒が郵送される分の時間と、必要書類を送って本社へ届くまでの時間分がかかり、インターネットで支払い口座設定を行った場合よりも時間がかかります。 インターネットでクレジットカードの入会申し込みをします。 クレジットカード入会のための必要書類を送る封筒が郵送されます。 必要書類を同封して返送します。 審査され、許可が下りればクレジットカードが発行されます。 申請時に設定した住所にクレジットカードが郵送されます。 入会申込書(書面)でのクレジットカードの申し込み手続きの流れ 書面でのクレジットカードの申し込み手続きの流れだと、オンラインの「郵送で支払い口座設定を行う場合の手順」よりもさらに時間がかかります。手順1の入会申し込みの際の必要情報も手書きになるので、その確認のためにクレジットカード会社が時間が必要になるためです。 インターネットでクレジットカード申し込みの資料請求を行う場合 インターネットで資料請求を行う場合、クレジットカード会社が指定住所まで入会書類を送付してくれるので、申込書を取りに行く手間が省けます。 インターネットでクレジットカードの入会の資料請求を行います クレジットカード入会のための申込書と、必要書類を送る封筒が郵送されます。 申込書と、必要書類を同封して返送します。 審査され、許可が下りればクレジットカードが発行されます。 申請時に設定した住所にクレジットカードが郵送されます。 申込書をクレジットカード会社まで取りに行く場合 この場合は、クレジットカード会社がオフラインで営業している実店舗を運営している必要があるので、発行できるクレジットカードは限定されます。方法的には殆ど「インターネットで申し込みの資料請求を行う場合」と変わりません。 実店舗へ赴き、クレジットカードの入会の資料請求を行います クレジットカード入会のための申込書と、必要書類を送る封筒が郵送されます。 申込書と、必要書類を同封して返送します。 審査され、許可が下りればクレジットカードが発行されます。 申請時に設定した住所にクレジットカードが郵送されます。 クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは 学生のクレジットカードのお得なポイントの貯め方 学生のクレジットカードのお得なマイルの貯め方 卒業が近い学生におすすめのクレジットカード 学生が海外旅行や留学をする際のクレジットカード 学生におすすめの国際ブランドの選び方 会社別クレジットカード一覧 ANAカード MUFGカード イオンカード オリコカード JCBカード 楽天カード 三井住友Visaカード クレジットカード基本情報 クレジットカードとは クレジットカードの申し込み方法 クレジットカードの使い方 クレジットカードのブランド […]

クレジットカードの使い方

クレジットカードプロ クレジットカードの使い方 クレジットカードの使い方 クレジットカードの使い方は簡単なので、さほど難しくありません。簡単に言ってしまうと、加盟店での支払いの時にクレジットカードを見せて、後は店員が行ってくれます。しかし、支払いを利用できるようにするまでいくつか行わなければならないことがあるので、ここではその基本について紹介していきます。 クレジットカードを使う前に裏面にサインを記入する クレジットカードを実際に利用し始める前に、発行したクレジットカードの裏面に名前を記入する必要があります。この名前を記入してないと、クレジットカード発行会社の保障を受けることができない状態のままになってしまいます。署名は実際にクレジット決済を行った時に必要になる場合があるので、以下の点に注意して記入しましょう サインは単純すぎず、模倣されにくいか 暗記していて、見ずに書くことが出来るか 尚、クレジットカード会員の名前と関連があるかどうかですが、この点は特に指定はないようです。上記の2点を踏まえた上で、自身にとって書きやすいサインを記入しておきましょう。 クレジットカードの使い方・お店編 クレジットカードを利用するにあたって、オフラインでの使い方と、オンラインでの使い方があります。ここでは、実際の店舗での使い方について紹介します。 クレジットカードで支払うことが出来るかを確認する クレジットカードで支払うことが出来る場合は、お店のレジ前であったり、お店の入り口のガラスに取り扱っているクレジットカードの国際ブランドの提示があります。提示がない場合はクレジットカードを利用できない場合がありますし、提示が無くても利用できる場合があります。 一番手っ取り早いのは、そのお店の店員にクレジットカードを利用できるかできないかを聞いてみることです。提示がなくても利用できる国際ブランドがあるかもしれないので、一重に店前の提示だけで信じてはいけません。現金が必要になってくる可能性があるので、かならず確認するようにしましょう。 クレジットカードを店員に渡す クレジットカードを利用することが可能な場合は、支払いの際に店員にクレジットカードを渡してカード決済を行う旨を伝えましょう。渡した後は、更に支払い方法を伝える必要があります。 クレジットカードの支払い方法を伝える。 クレジットカードを店員に伝えた後は、支払い方法について伝えます。様々な支払い方法が用意されており、クレジットカード会社によっても変わってくるので、ここでは代表的な支払い方法を紹介します。特に何も伝えなければ、一括払いで支払うことを暗喩していることになります。 一括支払い 分割支払い リボルビング払い ボーナス一括払い 暗証番号を入力する 3万円以上の金額のクレジットカード払いの際や、国外の地域によっては事前に申請した4桁の暗証番号の入力を求められる事があります。他人に見られないように暗証番号を入力しましょう。 暗証番号の入力を3回間違えると、そのクレジットカードは利用制限(ロック)がかかり支払うことができなくなります。ロックがかかってしまった場合、カード会社に連絡し新たにクレジットカードを発行する必要がありますので注意しましょう。 支払い金額が記載された伝票にサインする クレジットカード会社がかわりに建て替えてくれた金額について、相違ないかを伝票で確認します。相違ない場合は、伝票にサインをします。 伝票の控えと、クレジットカードを受け取る。 最近したものを店員に渡した後は、伝票の控えと、クレジットカードを返してもらいます。控えとクレジットカードを返してもらったら、一連の流れはここで終了です。 クレジットカードの使い方・ネット編 クレジットカードを利用するにあたって、オフラインでの使い方と、オンラインでの使い方があります。ここでは、実際のオンラインでの使い方について紹介します。 決済方法でクレジットカードを選択する 自分の購入するものが決まったら、カートに入れて、支払い方法を求められたら、クレジットカードで支払う事を選択しましょう。 クレジットカードの番号を入力する クレジットカードで支払うことを選択したら、次は利用するカードの番号を入力します。入力しなければならない項目は複数あり、1つでも間違えてしまうと支払いを完了することができないので注意が必要です。 クレジットカード番号 有効期限(月・年) クレジットカード会員の名前 クレジットカード会員の生年月日 セキュリティーコードを入力する クレジットカードの情報の入力が終わったら、裏面に記載されているセキュリティーコードの入力を求められる可能性があります。セキュリティーコードは、クレジットカードの裏面にある、7桁ほどの数字の右側の数字です。この数字が他人にバレてしまうと、勝手に利用されてしまう可能性があるので注意しましょう 決済内容を確認し、購入確定ボタンを押す。 入力が終わったら、最後に購入内容について確認をして、購入確定ボタンを押しましょう。購入確定ボタンを押さなければクレジットカードで決済されることは無いので、ここで支払う金額等について最終チェックをするように心がけましょう。 クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは 学生のクレジットカードのお得なポイントの貯め方 学生のクレジットカードのお得なマイルの貯め方 卒業が近い学生におすすめのクレジットカード 学生が海外旅行や留学をする際のクレジットカード 学生におすすめの国際ブランドの選び方 会社別クレジットカード一覧 ANAカード MUFGカード イオンカード オリコカード […]

ブラックカード

クレジットカードプロ ブラックカード ブラックカード クレジットカードの最高峰のカードと言われているブラックカード。そんなブラックカードについての情報をまとめました。 ブラックカードの紹介 ブラックカードとは、クレジットカードの種類のうち一つで、ゴールド、プラチナに続く最上位のグレードに位置付けられるクレジットカードの通称です。ここでは、ブラックカードについて紹介していきます。 ブラックカードとは クレジットカードには、得ることが出来るサービスの質や寮に応じてグレードというものが存在します。例えば、一番普通の年会費も無料に近いクレジットカードは、ノーマルカードや、通常カードなどと呼ばれ、受けることが出来るサービスもあまり多くありません。但し、最近はポイントによる還元率の高さなどを謳ったクレジットカードが人気で、今現在発行されているクレジットカードのうち、かなりの数がこの一般カードです。 このノーマルグレードのクレジットカードからすこしグレードアップして、支払う年会費を上げると、ミドルグレードのクレジットカードを申請することが可能になります。ミドルクラスのクレジットカードの申請が通って見事入会することが出来ると、ショッピング利用金額の上限も上がり、付帯している保証金も上がり、更に受けることが出来るサービスの質と量が上がります。但し、ミドルグレードはその名の通り中間に位置するクレジットカードなのでまだまだ受けることが出来るサービスは充実したものではありません。 更に年会費を挙げると、今度はゴールドカードと呼ばれるクレジットカードを申請することが出来ます。この辺りからクレジットカードの発行に審査が必要になる場合があり、「クレジットカードをある一定の期間、ある一定の金額で利用し続けて、更に支払いの延滞をしたことがない人」などの非公開の条件が存在し、ゴールドカードから通常の人では申請しても発行することが出来ないクレジットカードになってきます。申請の条件が必要になってくるクレジットカードだけ合って、年会費も1万円台〜3万円とかなり高額になってきます。その分受けることが出来るサービスは上質なものが揃っており、サービスの量についつい口角が上がってしまうくらいの良いクレジットカードです。カードフェイス(クレジットカードの表面)も金色のデザインのものが多く、一目見ただけでその人が持っているのがゴールドカードだとわかるような仕様になっています。 そして、その次に来るのが、プラチナカードと呼ばれるクレジットカードで、ゴールドカードよりもさらに上質なサービスを揃えたクレジットカードです。プラチナカード会員のグレードから、専用デスクサービスが充実します。通常であれば取ることが出来ないようなチケットや招待状も、プラチナカード会員であればデスクに電話することでそれらを可能にすることが出来る可能性があります。電話一本で様々予約をすることが可能になったりと、まるで秘書を一人持ったような感覚を得ることが出来るクレジットカード、それがプラチナカードです。デスクでチケットやホテル、タクシーの予約だけでなく、飛行機の旅行をする際も、一般の方では入ることが出来ない空港ラウンジに入ることが出来ない「プライオリティパス」などが無料で発行されたりと、上質なサービスが付帯しています。もちろんプラチナカードは通常のゴールドカードよりもさらに厳しい入会条件が儲けられており、入会することが出来る人も限られています。入会した後も、クレジットカードの年会費として支払わなければならない金額がかなり高いものになってきます。そしてこの、聞いているだけでお腹がいっぱいになりそうなサービスが沢山付いているプラチナカードの上のクレジットカードという意味で作られたのが、ブラックカードと呼ばれる「カードフェイスが黒い」クレジットカードです。また、一部プラチナカードもそのスペックの高さからブラックカードとも呼ばれています。「ダイナースクラブ プレミアムカード」もその内一つです。 ブラックカードは、クレジットカードにおけるこれらのグレードの最上位に位置するカードの事を指し、もちろんブラックカードを持っている方はほんの一握りの方に限られます。「ステータスカード」の中でも頂点に位置するこのクレジットカードは、入会審査が非常に厳しく、ゴールドカード比ではないので、まずその審査に合格することが難しいのです。また、ブラックカードの中には入会申請を自分から行うのではなく、クレジットカード会社から招待されることで初めて入会することが出来るブラックカードも少なくなく、入会する条件の厳しさから「幻のクレジットカード」なんて呼ばれることもあります。入会した後も毎月支払わないといけない年会費も通常のクレジットカードの比にならず、数十万円のものが一般的とされています。金額が高いのは勿論、そのサービスの質にもかなりこだわっているものが多く、通常のクレジットカードのモノを遥かに凌駕しています。ショッピング利用額の上限や補償額もかなり高い上限が設定されており、「クレジットカードの利用額の上限ももしかしたら存在しないのでは」なんて噂も有るほどです。もちろんその入会条件の厳しさで入会することが出来ている人の年齢も30代後半の方が多いとか。入会条件も公開されていないので、かなり謎に包まれているクレジットカードです。ちなみにクレジットカード名は「〜ブラックカード」という名称ではなく、各々の名前は別にありますので、「ブラックカード」という名称のクレジットカードは一般的には存在しません。 ブラックカードの由来 ブラックカードは、元々はアメリカン・エキスプレス(アメックス)が最上位のクレジットカードと称してセンチュリオンカードというクレジットカードの発行を開始しました。センチュリオンカードは今までのクレジットカードよりも遥かに高い年会費で当時話題を産みましたが、何よりも話題になったのはそのクレジットカードに付帯しているサービスの質と量でした。このブラックカードの元祖とも呼べるセンチュリオンカードは、入会するとクレジットカードを持っている方に専属のコンシェルジュ(専任担当者)がサポートに入ってくれます。コンシェルジュは、ありとあらゆるクレジットカード入会会員の要望に対応してもらうことが可能で、基本的に何でも対応してくれると言われています。どんなことも対応してくれるコンシェルジュが一人付いていると考えると、当初騒がれていた30万円オーバーの年会費もあまり高くないように思えます。 そして一躍有名になったこのアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードに便乗して、各クレジットカード会社も同じように現在発行している「プラチナカード以上のクレジットカード」として黒色のクレジットカードをデザインし、発行し始めました。これがブラックカードの始まりです。 ブラックカードの会員数 ブラックカードの会員数は非常に少ないと言われています。はっきりとした数字はあまり公開されていないようですが、1つのデザインされたブラックカードにつきだいたい5千人〜3万人がそのクレジットカードを保有していると言われています。各クレジットカードの発行枚数がだいたい1,000万枚と言われているので、およそ全体の5%も満たない数がブラックカードを保有していることになります。また、今は不景気で、ブラックカードを保有している会員数も減少していると言われています。更に少ない人数になってしまっていると考えると、ブラックカードを持つことがどれだけステータスなのかを知ることが出来ます。 20代でブラックカードを手に入れることは可能か ブラックカードの一つ下のグレードのクレジットカード、プラチナカードには、会員入会の条件として30歳以上であることが明確に提示されています。これだけ見ると、20代でブラックカードなどのステータスカードを持つことはまず不可能だと思えてくるのですが、ネット上には実際にブラックカードのインビテーション(招待)を受けることが出来た人がいました。20代で得ることが出来ているのかいないのかは定かではありませんが、他の情報と組み合わせて分析すると、ブラックカードを持つことは下記の項目が重要になってくるようです。 クレジットカードの利用歴 クレジットカードの利用額 クレジットカードの支払い延滞 銀行に保有している貯金残高 年収 ブラックカードの特徴 ブラックカードの特徴は、どんなものがあるのでしょうか。ここではブラックカードの特徴について紹介していきます。 ブラックカードの色 ブラックカードの色は、総じて黒に近い暗い色で統一されています。ブラックというだけあって、名前の通り黒いです。ゴールドカードの色が殆ど金色のクレジットカードが多いように、ブラックカードの色も黒いものが多いです。もともとは一目見てわかるようにブラックカードを黒いクレジットカードにしたそうですが、ブラックカードに憧れを抱いて、一般カードと呼ばれる最下位のグレードのクレジットカードの中にも、ブラックカードのように黒くて文字等の装飾が殆ど行われていないようなカードフェイスのものが発行されるようになり、パッと見だけではどれが本当にブラックカードなのかはわからなくなりましら。唯一判別する上で判断の一つとして挙げることが出来るのは、通常のクレジットカードよりも「光る」ようにホログラムが沢山カードフェイスに設定されているということです。 ブラックカードの利用額の上限 一般的にクレジットカードには、利用額に上限がついています。例えば一般カードと呼ばれるクレジットカードは50万円や100万円の利用上限があり、これがゴールドカードになると300万円ほどの上限になります。ブラックカードの場合は、2種類存在します。 上限が非常に高い金額に設定されているもの 上限が無いもの ブラックカードのサービス ブラックカードのサービスは、通常のクレジットカードと比べても遥かに抜きん出たものがあります。非公式で公開されているものの中でも、飛行機のチャーター、ホテルのスイートへの無料アップグレード、VIP限定のショーへの招待など、その恩恵は計り知れません。更になんといっても凄いのは、入会したブラックカードによって異なりますが、専用コンシェルジュが24時間対応してくれるという点です。このコンシェルジュは、基本的にNOを言わないと言われており、所持しているブラックカードを利用して様々な事が出来ると言われています。誕生日や記念日に友人に即座にプレゼントを送付から、入手困難と言われているチケットの送付まで、何からなにまで電話一本で対応してくれることが可能です。これも、クレジットカードの最高峰と呼ばれているブラックカードならではのサービスと言えましょう。 ブラックカードの年経費 ブラックカードの年会費は、一概には言えませんが非常に高額なものが殆どです。中には数万円で維持することが出来るブラックカードも存在すれば、毎年年会費だけで数十万必要になってくるクレジットカードも存在します。中でも一番年会費がかかると言われているブラックカードは、元祖ブラックカードの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。その年会費、なんと30万円超えの35万円。なぜこんなにもブラックカードの年会費は高額なのか。その秘密はサービスにあります。センチュリオンカードは、24時間対応してくれる専属のコンシェルジュサービスを受けることが可能になっています。24時間対応可能な秘書を年間35万円で雇うことが出来ると考えると、むしろかなりお得なサービスに思えます。 ブラックカードの国際ブランド ブラックカードの元祖はセンチュリオンカードですが、今では模倣されて様々な国際ブランドからブラックカードが発行されています。名前も内容も全て違いますが、それぞれブラックカードの名に恥じぬくらいの高いサービスと、気品のあるカードフェイスでデザインされています。ちなみに発行している国際ブランドは下記が一覧になります。 American Express(アメリカン・エキスプレス) Diners Club(ダイナースクラブ) MasterCard(マスターカード) Visa JCB ブラックカードでできること ブラックカードは結局のところあくまでもクレジットカードなので、基本的な利用方法としては他のクレジットカードと同じくショッピングやお食事の支払いの際の決済時に利用します。ブラックカードを特別にするのは、付帯しているサービスにあります。サービスを通じて、何かを予約したり、事前に支払っておく際に通常のクレジットカードとは違って、専門コンシェルジュが決済を代わりに行ってくれるので、手間を省いてくれるという点で特別なのです。 ブラックカードの取得方法 ブラックカードの取得方法は、2種類あると言われています。 個人からブラックカードを申請する。 クレジットカード会社からインビテーション(招待)がある ハイランクのクレジットカードになればなるほど審査が厳しくなってくるので、プラチナカードが非常に審査が厳しいと言われていることから予測するに、ブラックカードも相当審査が厳しい事が予想できます。ブラックカードの一つにJCBカードの「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」があります。このクレジットカードは、現在はクレジットカード会社からの招待制になってしまっていますが、個人から申告する事が出来た時代の申請条件を一例として掲載したいと思います。 JCB […]

クレジットカードとは

クレジットカードプロ クレジットカードとは クレジットカードとは クレジットカード(Credit Card)とは、商品を購入するときの決済する際に選択できる支払い方法の一つ、もしくは、契約者情報(番号やその他)が記録されているカードのことを指します。クレジットカードのクレジット(Credit)とは、「後払い、つけ払い」の事を指しています。その名の通り、クレジットカードを店頭で利用すると、クレジットカード会社がその支払いを自分の代わりに肩代わりしてくれます。逆に、瞬時に支払う事が出来るカードのことは、デビットカードと呼ばれています。 クレジットカードの仕組み クレジットカードの仕組みを説明します。 クレジットカードの利用できるお店を「クレジットカード加盟店」といいます。この加盟店で食事や商品購入の際にクレジットカードを提示すると、カード会社が支払う予定だった金額を肩代わりしてくれます。そして最後に建て替えた金額をカード会社から請求されます。つまり、流れは以下のとおりになります。 クレジットカード会員が、商品をカードで購入します。 消費者はこの地点で商品を手に入れることができますが、お金はまだ支払っていません。 クレジットカード会社が、会員の購入代金を肩代わりします。 この時に、お店はクレジットカード会員の支払う予定だった金額を得ます。クレジットカード会社には、支払った代金の数%を手数料として収めます。 クレジットカード会社が、建て替えた金額を会員の指定した銀行口座から引き落とされます。 指定口座に残高がなければ、クレジットカード会員へ連絡がいきます。 クレジットカード会員は、なぜカード会社に立て替えてもらうことが可能なのでしょうか。これはクレジットカード会員の持つ「信用」がそれに当たります。 建て替えた金額を毎月ちゃんと支払っているか(銀行から引き落とすことが可能か) 口座に貯金されている金額は、支払うことが可能な金額分貯金されているか 務めている会社の給料はクレジットカードの建て替え代金を賄うことが出来る金額が支払われているか これらは代表的な基準に過ぎませんが、これらの基準を元にクレジットカード会社はその人が自社のクレジットカードを発行しても大丈夫かどうかを決めています。よりグレードの高いクレジットカードになればなるほど、信用が必要になります。特に3項目の内1番の「毎月きちんと支払えているかどうか」の基準を「クレヒス」、クレジットヒストリーと言います。 クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは 学生のクレジットカードのお得なポイントの貯め方 学生のクレジットカードのお得なマイルの貯め方 卒業が近い学生におすすめのクレジットカード 学生が海外旅行や留学をする際のクレジットカード 学生におすすめの国際ブランドの選び方 会社別クレジットカード一覧 ANAカード MUFGカード イオンカード オリコカード JCBカード 楽天カード 三井住友Visaカード クレジットカード基本情報 クレジットカードとは クレジットカードの申し込み方法 クレジットカードの使い方 クレジットカードのブランド クレジットカードの解約 クレジットカードを紛失・盗難したら クレジットカードの締め日・支払日 クレジットカード番号の解説 クレジットカードのセキュリティコード解説 クレジットカード特集 ブラックカード ANAカードのブランド別おすすめクレジットカード