クレジットカード会社ブランド – Yahoo! Japanカード

クレジットカードプロ クレジットカードのブランド クレジットカード会社ブランド – Yahoo! Japanカード クレジットカード会社ブランド – Yahoo! Japanカード Yahoo! Japanカードとは、検索エンジンを提供していることで有名なあのYahoo! Japan(ヤフージャパン)の発行しているクレジットカードのブランドのことです。 Yahoo! Japanカードの取り扱っている国際ブランド Yahoo! Japanカードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) JCB Yahoo! Japanカードは、クレジットカードを発行する際に3つのブランドを選択することが可能になっています。ただし、発行しているクレジットカード会社は2社あり、VisaとMasterCardがワイジェイカード株式会社が、JCBブランドであるYahoo! Japan JCBカードは株式会社JCBがそれぞれYahoo! Japanと提携して発行しています。ブランドを選択することによって生じるサービスの差はありませんが、JCBのクレジットカードはセブン&アイホールディングスが経営しているセブンイレブンのnanacoカードにクレジットカードからチャージを行うことが出来るので、国内利用ではJCBのブランドがおすすめです。 Yahoo! Japanカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 Yahoo! Japanカードのおすすめ利用方法は、やはりYahoo! Japanのサービスを利用している方におすすめのクレジットカードです。このクレジットカードを利用することでたまるポイントはYahoo! Japanのサービスで利用することが出来るTポイントです。その他にも、FamilyMart(ファミリーマート)をよく利用している方でも、クレジットカードに累積したポイントを利用することが出来るので、おすすめです。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド […]

クレジットカードのブランド Visa

クレジットカードプロ クレジットカードのブランド クレジットカードのブランド Visa Visa(ビザ)は、クレジットカードのブランドです。バンク・オブ・アメリカの発行したバンカメリカード(BankAmeriCard)が前身で、今では世界で最も利用されている国際ブランドの一つです。ここでは、Visaについて詳しく紹介していきます。 クレジットカードのブランド Visaについて Visaは決済機構 国内で強いブランドといえば間違いなくJCBに勝敗が上がります。JCBは(Japan Credit Bureau ジャパンクレジットビューロー)の略で、名前の通り日本初の国際ブランドなんです。なので、国内の加盟店をいち早く開拓していった歴史があり、国内加盟店数は1位といわれているほどです。あまり日本から外に出ない方であれば、JCBのブランドのクレジットカードを1枚持っておくだけでかなりの場所での決済を行うことが出来ます。 Visaのクレジットカードの申し込み方法 JCBのマークがついているクレジットカードは、Visa本社ではなく、その他のライセンスを取得したクレジットカード会社から発行することが可能です。これは各々の会社で発行方法が違うので、各クレジットカードの発行会社にお問い合わせください。代表的なお申し込み例は、「クレジットカードの申し込み方法」で確認ください。 Visaのクレジットカードを利用するには 基本的には、Visaのマークがついている場所で利用することが出来るようになっています。なので、Visaのクレジットカードを利用できるかどうかは、Visaマークを店内で探しましょう。もちろんマークがついていなくても、利用することが出来る可能性があるので、一概には言えません。最近では、決済サービスなども増えてきているので、それらを利用すれば大抵の場合は利用することが可能です。 Visaのシェアと売上高 2015年度のザ・ニルソンレポート(The Nilson Report)によると、Visaのシェアは現在59%近くで、売上高は1120億ドルと発表されています。他のブランドを圧倒しているので、このクレジットカードを持っていれば様々なところで利用することが出来るでしょう。 Visaの会員数 Visaの会員数は正式には公表されていません。が、シェアと売上高で紹介したニルソンレポートによると、Visaの会員数は2600万人といわれています。これも2位と圧倒的な差を付けての1位なので、Visaがどれだけシェアを占めているかがわかります。 Visaのブランドはアメリカに強い Visaは、特にアメリカに強いクレジットカードです。というのも、Visaを初めて利用し始めた銀行はアメリカのバンク・オブ・アメリカという銀行だったのです。どこの利用でどのクレジットカードブランドがおすすめか、は「おすすめのクレジットカードブランド」で紹介しています。 クレジットカードブランド一覧 Visa(ビザ) MasterCard(マスターカード) JCB(ジェーシービー) アメリカン・エキスプレス(American Express) ダイナースクラブ(Diners Club) 中国銀聯(UnionPay) クレジットカードの学生特集 学生のクレジットカードとは 学生のクレジットカードのお得なポイントの貯め方 学生のクレジットカードのお得なマイルの貯め方 卒業が近い学生におすすめのクレジットカード 学生が海外旅行や留学をする際のクレジットカード 学生におすすめの国際ブランドの選び方 会社別クレジットカード一覧 ANAカード MUFGカード イオンカード オリコカード JCBカード 楽天カード 三井住友Visaカード クレジットカード基本情報 クレジットカードとは クレジットカードの申し込み方法 クレジットカードの使い方 クレジットカードのブランド クレジットカードの解約 クレジットカードを紛失・盗難したら […]

クレジットカード会社ブランド – VIEWカード

VIEWカードは、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が親会社である株式会社ビューカードが発行している事業系、とりわけ鉄道系とも呼べるクレジットカードブランドです。JR東日本が親会社だけに、JR東日本をよく利用する人にとってお得になるサービスが揃っているクレジットカードが揃っています。有名なクレジットカード名を上げるとすれば、「ビュー・スイカカード」や、ビックカメラと提携して発行している「ビックカメラSuiaカード」などが挙げられます。 VIEWカードの取り扱っている国際ブランド VIEWカードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) JCB VIEWカードは、Visaと、MasterCard、JCBの3種類の国際ブランドから選択することが可能になっています。但し、ビューカードと提携して別会社が発行している提携系のビューカードには限定的なブランドの選択肢しか無いので、選択の際には注意が必要です。 VIEWカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 VIEWカードは、JR東日本の子会社が発行しているクレジットカードなので、やはりJR東日本を利用している方が多くのサービスの恩恵を受けられるようになっています。学生や社会人の方、東京にお住まいの方でSuicaを利用されている方にとてもおすすめのクレジットカードです。プロパーカードであれば、国際ブランド的な観点から見ても選択肢は幅広いので、遜色なく選択することができます。特にまだ1種類のクレジットカードブランドしか持っていない方であれば、年会費無料のクレジットカードも取り揃えられていて、更にブランドの選択肢も幅広いVIEWカードは2枚目、3枚目のクレジットカード候補としておすすめです。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード

クレジットカードのブランド 中国銀聯(UnionPay)

中国銀聯(UnionPay)は、中国発のクレジットカードのブランドです。正式名称は中国銀聯股份有限公司で、英語表記はChina UnionPayです。中国政府が指導に入ってシステムを導入し、拡大していった背景があるので、中国本土で高いシェアを誇ります。また、個人の信用度があまり高くない背景があり、クレジットカードの発行よりも、個人の銀行口座から即時決済が出来るデビットカードとしての発行、利用が盛んです。 クレジットカードのブランド 中国銀聯(UnionPay) UnionPayは決済機構 UnionPayは決済機構であって、クレジットカードを発行している会社ではありません。そして、中国国内ではクレジットカードの決済機構としてではなく、デビットカードとしての認識のほうが高いようです。元々中国の各銀行がそれぞれで決済システムを制作していたところ、互換性の問題が生じてしまったのですが、その当時バラバラだった中国の銀行間の決済システムを中国政府主導の元でまとめ、中国銀聯が実際立ち上がったのは2002年のことです。その後急速に拡大していき、今ではカード決済の売上高世界第3位にまでのし上がるほど普及しています。 UnionPayはデビットカードなのか? ネットを見ると、クレジットカードではなくデビットカードであるという話が載っています。結論から言うと、UnionPayはクレジットカードの機能を持ったカードと、デビットカードの機能を持ったカードが存在します。中国国内では個人の口座から即時決済されるデビットカードが主流ですが、最近はクレジットカードの方も普及し始めつつ有るようです。しかし、中国から海外に旅行に出る方は、同銀行で別途発行できる他の国際ブランドのクレジットカードを発行しているようなので、銀聯カードを国際ブランドに含めていいものなのかどうかは未だに判断が難しところではあります。ただし、年間決済金額だけで見ると、世界3位にいるので、デビットカードが主だからといって国際ブランドに入れないのは少し違うのかもしれません。 UnionPayのクレジットカードの申し込み方法 日本国内で銀聯カードを単体で発行できるクレジットカード会社は非常に少ないです。「三井住友カード」が発行している通常のクレジットカードに追加カードとして発行申請することが出来る「三井住友銀聯カード」を初めとして、その参加の九州カードから発行されている「九州銀聯カード」、三菱UFJニコスが同じく追加カードとして発行している「銀聯カード」が国内銀行から発行されている主な銀聯カードです。これらは全て追加カードとしての申し込みなので、通常利用するための別のブランドのクレジットカードを申請してからこのカードを発行申請する必要があります。代表的なお申し込み例は、「クレジットカードの申し込み方法」で確認ください。 UnionPayのクレジットカードを利用するには 基本的には、UnionPayのマークがついている場所で利用することが出来るようになっています。外国人観光客が増えてきているので、免税店などでUnionPayのマークをよく見かけるようになりましたね。その他にもイオン銀行とJCBが加盟店とATM業務での提携を発表しているので、イオングループ、例えばセブンイレブンのATMや、JCBのマークがある場所で同じくUnionPayを利用できるようになっているようです。 UnionPayのシェアと売上高 2015年度のザ・ニルソンレポート(The Nilson Report)によると、UnionPayのシェアは現在10%近くで、売上高は197億ドルと発表されています。VisaとMasterCardにつづいて世界第3位の売上高です。元々は5種類の国際ブランドと呼ばれていたのですが、このクレジットカードが台頭してきた事で6種類のブランドとして認識されるようになってきました。 UnionPayの会員数 UnionPayの会員数は正式には公表されていません。2010年のデータは存在しますが、ユーザー数、加盟店共に急激に伸びてきている国際ブランドなので、今ではどれくらいの会員数がいるのかも予想が出来ていないようです。 UnionPayのブランドは中国に強い UnionPayは、特に中国に強いクレジットカードです。日本発のJCBが日本国内で非常に強いブランドのように、銀聯カードを利用している方が非常に多いようです。これは、現在の中国では元々デビットカードをよく利用している背景があったので、他の国際ブランドがそこまで普及しなかったためです。しかし最近では、国内でも観光客が増えたり、信用を得てクレジットカードを発行できる方が増えてきているので、他のブランドも普及し始めてきているようですが、まだまだ銀聯カードが主流のようなので、中国に行く機会がある方は念のため銀聯カードを発行しておくことをおすすめします。どこの利用でどのクレジットカードブランドがおすすめか、は「おすすめのクレジットカードブランド」で紹介しています。 クレジットカードブランド一覧 Visa(ビザ) MasterCard(マスターカード) JCB(ジェーシービー) アメリカン・エキスプレス(American Express) ダイナースクラブ(Diners Club) 中国銀聯(UnionPay)

クレジットカード会社ブランド – UFJカード

UFJカードは、株式会社UFJカードが発行していた銀行系のクレジットカードブランドです。株式会社UFJカードは日本信販株式会社に吸収合併され、更に吸収合併を繰り返して三菱UFJニコスとなった後も暫くは展開が継続されていましたが、2012年にMUFGカードへ統合されました。 UFJカードの取り扱っていた国際ブランド UFJカードの取り扱っていたクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) UFJカードは、VisaかMasterCardの2択から国際ブランドを選択することが出来ました。尚、これはプロパーカードでの選択で、UFJカードから発行されていたVISAOカードはVisaのみのブランドを選択することが出来ました。UFJカードとは名称が殆ど同じですが、JCBのフランチャイジーとして発行していた「UFJ JCBカード」は名前の通りJCBを選択することができたクレジットカードでした。 UFJカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 UFJカードは既に発行されていないので、現在新しくクレジットカードを発行しようとしている方におすすめすることはできません。当初はUFJカードの引き落としがあると、三菱東京UFJ銀行のオールワン手数料が免除されていたので、三菱東京UFJ銀行と組み合わせた使い方で重宝されていました。 現在はUFJカードは発行することはできませんが、NICOSカードブランドからVISAOカードが現在も発行されています。このVISAOカードは、前身であるUFJカードから発行されていたサービスを引き継いでいるクレジットカードです。UFJカードがどのようなクレジットカードであったかを確認したい場合は、VISAOカードを見るとどんな内容だったかを予想することが出来るでしょう。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード

クレジットカード会社ブランド – UCカード

UCカードは、DCや三菱東京UFJ、三井住友カードなどと並んでいる伝統ある日本の銀行系のクレジットカード会社ブランドです。てんとう虫の様なロゴマークで有名ですが、実は取り扱っているクレジットカードは株式会社クレディセゾンのものとUCカードグループのものがあります。 UCカードの取り扱っている国際ブランド UCカードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) UCカードが取り扱っているブランドは2種類です。数種類のクレジットカードを除いて、ほぼ全てで両ブランドを選ぶことが可能です。 UCカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 UCカードは提携カードが多く、またペーパーレスを推奨しているのか、Web明細を申し込んで数回Web明細形式で明細書を受け取ると、キャッシュバックが発生します。年会費がかかるクレジットカードもUCカードには存在しますが、数千円のものであればWeb明細を申し込んでおくだけで相殺するか年会費を上回る額のキャッシュバックを受け取ることが可能です。UCカードを申し込んだ際には、必ずWeb明細を申し込むようにしましょう。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード

クレジットカード会社ブランド – TS CUBIC カード

TS CUBIC カードは、トヨタグループのトヨタファイナンス株式会社が発行している事業系会社のクレジットカードブランドです。トヨタでの新車の購入や、カー用品、車検などで利用する際に貯まったポイントを利用することが出来るクレジットカードです。 TS CUBIC カードの取り扱っている国際ブランド TS CUBIC カードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) JCB TS CUBIC カードは、Visaと、MasterCard、JCBの3種類の国際ブランドから選択することが可能になっています。提携クレジットカードなので、それぞれの国際ブランドからサービス面で大きくメリットを受けることは無いので、自身の好みでブランド選択しても良いと思われます。 TS CUBIC カードのクレジットカードのおすすめ利用方法 TS CUBIC カードは、トヨタ自動車を主に利用している様な車好きの方におすすめのクレジットカードです。トヨタ自動車での新車の購入の際には還元率1.0%でポイントを充てることができますし、車検やその他のカーパーツの購入に至っては還元率1.5%でポイントを充てることが可能です。通常、クレジットカードのポイントはなかなか利用することがないので、車を持っている方であればこういった特別な場面でポイントを一括で消費してしまうこともクレジットカードで貯まるポイントのおすすめの利用方法かもしれませんね。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド […]

クレジットカード会社ブランド – 東急Top&カード

東急Top&カードは、東急カード株式会社が発行している流通系のクレジットカード会社のブランドです。Topカードとも呼ばれていますが、正式にはTop&カードです。東急グループが発行しているクレジットカードなので、特に東急線沿線でコストパフォマンスを発揮するクレジットカードです。クレジットカード利用することでTOKYUポイントを貯めることが出来るので、沿線に住んでいる方におすすめのクレジットカードです。 東急Topカードの取り扱っている国際ブランド 東急Top&カードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) 東急Top&カードは、「TOP&ClubQ」の名前で数種類の提携クレジットカードを発行していますが、そのブランドとして選択できるのはマスターカードが最も多いです。マスターカードの次に多いのがVisaブランドのクレジットカードで、こちらは東急カードの約半分くらいのクレジットカードで選択することが可能です。国内利用の際には、両ブランドとも加盟店が多いので、特に問題なく利用することが出来ると思います。 東急Top&カードのクレジットカードのおすすめ利用方法 東急Top&カードの種類としては、JALとの提携クレジットカードが基本です。なので、東急を基本的に利用していて、更にJALマイルをためたい方におすすめのクレジットカードです。ただし、東急グループをよく利用する方で、JALではなくANAのマイルを貯めたい方に関しては、東急カードからは発行されていないですが、ANAカードから提携として発行しているクレジットカードをおすすめします。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード

クレジットカード会社ブランド – タカシマヤカード

タカシマヤカードは、高島屋クレジット株式会社が発行している流通系のクレジットカード会社ブランドです。名前の通り、タカシマヤでお得になるクレジットカードです。高島屋でこのクレジットカードを利用した時のポイント還元率はなんと8%。イオンカードやアイワイカード(セブンカード)よりも高い還元率を誇るクレジットカードです。貯まったポイントは、1ポイント1円で還元することが出来、2,000ポイント貯まった地点で交換することが可能です。 タカシマヤカードの取り扱っている国際ブランド タカシマヤカードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa MasterCard(マスターカード) JCB American Express(アメリカン・エキスプレス) タカシマヤカードは、珍しくなんと4種類の国際ブランドを選択することが出来るクレジットカード会社のブランドです。アメリカン・エキスプレスのブランドのクレジットカードも、年会費は通常のタカシマヤカードで、他のクレジットカードブランドと変わらず2,000円で入会することが可能です。 アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持っておきたい方は、タカシマヤカードを1枚入会しておくのも選択肢の一つとしておすすめです。高島屋をあまり利用しない方であれば、MUFGが発行しているアメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードの方が多少年会費は少なめなので、そちらも確認してみてください。 タカシマヤカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 タカシマヤカードは、なんといっても高島屋で利用した際に付くポイント還元率の高さに注目です。高島屋を頻繁に利用される方であれば、間違いなくこのクレジットカードを発行しておうことをおすすめします。また、クレジットカードのブランドを複数所持しておく事をクレジットカードプロはおすすめしていますが、数少ないアメリカン・エキスプレスのブランドを発行することが可能なので、アメリカン・エキスプレスを持っていない方であればこのカード会社ブランドのクレジットカードを発行しておくこともひとつの手段かもしれません。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード

クレジットカード会社ブランド – ソニーカード

ソニーカードは、名前の通りソニーグループのソニー銀行の発行していたクレジットカードです。2015年5月にサービスを停止しました。 ソニーカードの取り扱っていた国際ブランド ソニーカードの取り扱っていたクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。 Visa ソニーカードは、Visaのみを選択することができたクレジットカードブランドでした。ソニーストアでのクレジットカード利用で割引が適応されるサービスを利用することが出来るクレジットカードだったんですが、通常ソニーストアではクレジットカード利用の際にVisaを選択することができていたので、Visaのみの国際ブランドの取り扱いでも、サービスを利用するにあたってなんの問題もありませんでした。 ソニーカードのクレジットカードのおすすめ利用方法 ソニーカードは、すでにサービスが停止しているクレジットカードなので、これから利用することはできません。しかし、元々はソニーストアでのクレジットカード利用で通常のお買い上げ合計額から3%割引されるソニー製品好きにおすすめのクレジットカードでした。 クレジットカード会社ブランド一覧 銀行系カード会社ブランド JCB 三井住友カード アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ シティカード UCカード 流通系カード会社ブランド イオンカード 東急Topカード ヤフージャパン(Yahoo! Japan) クレディセゾン アイワイカード(セブンカード) ファミマTカード タカシマヤカード 信販系カード会社ブランド オリコカード(Orico) ライフカード(Life) ジャックスカード(JACCS) セディナカード(Cedyna) アプラスカード(APLUS) 事業系カード会社ブランド 楽天カード SBIカード VIEWカード DCMXカード(dカード) TS CUBIC カード JALカード JTB旅カード 石油系カード会社ブランド 出光カード ENEOSカード 過去のカード会社ブランド UFJカード DCカード ニコス OMCカード ソニーカード